12月13日

今日はビタミンの日という事でその由来をご紹介致します。

1910年12月13日に農芸化学者・鈴木梅太郎博士が、米糠(こめぬか)から抽出した脚気を予防する成分に「オリザニン」と命名したことを東京化学会で発表したそうです。

オリザニンは後に、この1年後に発見されたビタミンB1と同じ物質であることが判明し、「ビタミン」と呼ばれるようになったそうです。


今日、地元の友人から帰省しないのと連絡があったので、年末年始久々に帰省しようと思ってます。

皆様方も帰省する際は、事故のないよう気をつけて帰省して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

締めくくり

次の記事

ラストスパート